防災マップ&広告ボード
2011年3月11日の東日本大震災以降、国民の防災に対する意識は一時的に高まっていましたが、時間が経過するにつれて危機感は低下してきています。また、2016年4月16日の熊本地震に於いても同様です。 このため、行政において実効性のある対策を推進するとともに、行政、企 業、個人、NPO 等の役割分担を明確にしつつ、個々の市民や企業が一体となった防災体制の確立が求められています。当社では地震・津波・台風・洪水といった災害時に役に立つ媒体として「防災マップ&広告ボード」を企業様にご提案致しております。また「防災マップ&広告ボード」は現在設置されている自治体においてもその必要性が確認されているところです。



設置状況
東京都・神奈川県:183か

オープン価格
144,000円(年間)
※サイズ:1300mm×900mm
※約2kmエリアの地図に5ヶ所設置
※避難場所のピトグラムに蓄光素材使用
※地図は国土地理院のデータを使用
※地図データの加工を行います。
※2年ごとの更新で承っておりますす。


避難掲示板&広告ボード